私は誰かの知識によってできている

自分の知識は誰かの知識や情報の集積体に過ぎず、そこに個はあるのだろうか?っという体でダラダラ書く

香港国家安全法についての雑感

ここまで性急に香港との一国2制度の解消をしてくるとは思わなかった。

香港国家安全法の施行により米中冷戦は一段と深化した。

英国が香港人をイギリス国籍にすると表明したり米国は制裁法案を通過させたりと動きを見せている。

だが中国と香港との距離を考慮しても介入まではいかないだろう。

英国、米国ともに中国本土直近で開戦出来る態勢と兵力、世論喚起ができていない。

よってチェコ蜂起時のソ連戦車の投入による弾圧と同様の事象が香港で行われることになる。

世界の呼びかけはまたも多くの流血によって無効化される。

 

目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画ー中国による敵国懐柔政策も着実に進行している。

今回の決議を賛同する国は40カ国以上あり、いずれも一帯一路やAIIB加盟国がほとんどである。

中国の巨大な資本によって懐柔されている。

オーストラリアやニュージーランドも国会議員などが中国のフロント企業から顧問として雇われ報酬を貰っているなど顕在化している。

香港騒動と同時期にアメリカ黒人を守ろう運動が発生したが、焚き付けに関与した形跡が出てきているのと報道を見た。

こういった運動は別の国が焚きつけようとしても上手く行くものではない。

自然発生したものに乗っかったというのが正しいだろう。

とはいえ中国の関与とされる証拠が続々と出てくるとイメージ悪化となる。

中国との関係を拒絶するようになれば浸透工作も意味をなくしてしまう。

中国は意図的に膨張しているのではなく、制御できなくなっていると考えられる。

各人が良かれと思って様々なことに手を出し、資金を出してうまく行けば御の字といった感じなのだろう。

何より一度勢いのついたことを止めるのは難しい。

警戒心が薄れて行動が大胆となり、露見することが多くなるだろう。

日本だとメディアの能力が低いのと中国や権力と向き合うことをしないため露見しない。

だが米国の国会議員の中にも資金援助を受けている人がいる以上、日本の国会議員の中にもいて当然だろう。

この状況下で中国と友好関係を維持しようとするのは愚策以外なく、意向が働いていると見た方が自然である。

 

世界がジョージ・オーウェル1984」のようになることを心配する人も多い。

だが歴史は圧政に対する民衆蜂起を繰り返している以上簡単に事態が推移するわけではい。

中国の強硬な態度と行動は各国の軍拡への原動力となり、国内の結束を固める要因となる。

チベットウイグル自治区にある強制収容所を見れば誰もが明るい未来を描くことはできないだろう。

今日本ができることは軍備を整えることと、香港からの離脱者を積極的に受け入れ将来に備えることだ。

あれほどの大国を外から攻撃しても体制を変革することはできない。

呼応する内部勢力の存在がかかせない。

将来、中国に民主的な政治体制を構築するに必要な人材育成等日本にできることは多い。

日本は軍事の行使に否定的であるため絡め手をつかってなすべきことなすしかないかと思う。

まだまだ冷戦構造は継続される以上、長期戦に備える必要がある。

 今後発生するであろう香港での大弾圧は冷戦を彩る出来事の一つにすぎないのだから。

『リベラリズムはなぜ失敗したのか』パトリック・J・デニーン

 

リベラリズムはなぜ失敗したのか

リベラリズムはなぜ失敗したのか

 

 

私がモヤモヤして言語化出来なかったことを簡潔にしてくれた本だった。

現代の先進国社会はリベラリズムの拡大と共に個人の自由と権利が拡大したと考えられている。

しかし今の社会は制度疲弊をきたしリヴァイアサンを想定したジョン・ロックも驚くほど国家権力が個人に介入出来る社会が誕生した。

本書は制度疲弊や膨張した国家権力といったもの原因はリベラリズムにあると論じている。

第一章、第二章はリベラリズムの歴史や考え方を色々述べている。

しかしその書き方は私にはかなり読みにくいものだった。

人名が沢山出てきているのとリベラルという考え方自体馴染めないため読むのに労力を必要とする。

第3章アンチカルチャーとしてのリベラリズムから具体的な事例紹介となりだいぶ読みやすくなった。

本書はリベラリズムの性質は個人の自由を伸張するために国家権力と密接に結びつき少数の賢人のみが投票する民主主義を推進すると考えている。

曰く多くの愚民に選挙権を与えると「適切な」リベラリズムの推進の阻害となり社会の停滞を招くと考えている。

問題なのは自由や個人の権利を拡大すると外皮を被っているが、実のところは少数の人間による独裁国家を考えているダブルスタンダードな思考にある。

こうした考え方は文化面でも発揮される。

リベラリズムは文化を大事にしていると一般的には考えられている。

しかし多様性を尊重するがあまり全ての文化を破壊している。

これは自由経済グローバル化によって大量の情報や別の価値観入れることで文化のもつ排他性をなくすことで文化が喪失する。

リベラルな個人の考え方尊重しているが、私のようにリアリズム思考をもつ人間に対して「思考が偏っている」と批判しているのと同じことである。

一件「リベラリズム」という考え方以外も尊重しているようにみえるが、他は不自由で偏った思考であるため批判し排除しようとする。

多様性を重んじているようで最終的に否定するのだ。

人間という近視眼的で浅はかな思考をもつ動物であることを失念し、無制限に自己を肥大化した短絡的な愚者がリベラリズムという正体であると私は思った。

とはいえ著者は民主主義や自由を否定するつもりはなく、リベラリズム以降の新しい理論を構築する必要があるとと提言している。

 

 

第一に、リベラリズムの功績を認めて、リベラリズム以前の時代への「回帰」願望を持つことは避けるべきである。そうした功績を土台にする一方で、失敗の根源的な原因を捨てなければならない。戻ってはならない。前進あるのみだ。

 

悲観的でなく常に前向きに未来を見つめつつ、現在の問題点を洗い出す姿勢こそリベラルの在り方を見ました。

 

怒涛の時代を生きているという実感について

ジャパンアズナンバーワンとか言われていたバブルが崩壊し日本の戦後復興期に培われた成長戦略は機能不全を起こした。

就職氷河期を生み出し企業は生き残りをかけてリストラと短期的成長を追求するスタイルに変化した。

政府の重要性が増大したが、日本政治は明治維新以降の民主主義期間において良質な政治家を生み出すノウハウを構築できずにいた。

本来であればシンクタンクや政治家を育成する塾などが乱立してもおかしくないがほとんど出てこなかった。

このため党が議員を育成する場とせざるおえなくなった。

党の意向に従いやすいタレント議員など知名度に期待した悪貨を大量生み出し、各地にばら撒くことで選挙活動を進めた。

結果として政治家に期待されるべき国益を意識した国家運営は置き去りにされた。

官僚においても戦前日本の伝統を継承し、省益確保を第一に各種法律を乱立させ経済をコントロールしようとした。

しかし戦後の成長期とは違い官僚主導での経済復興は現実を無視した独りよがりの考えにすぎなかった。

 

閉塞感と制度疲弊の声が出るがリヴァイアサンと化した現代国家の前に虚無感が漂う中で東日本大震災が発生した。

津波は1万5千人を流しただけではなく、閉塞感と虚無感を日本から流した。

企業や行政の中から変革者がポツポツと現れ、周囲の賛同者を集めながら今後について考えられる環境が出来つつある。

 

そして今回中国武漢から世界中に拡散した新型コロナウィルスと年号変更に伴い制度改革に着手出来るきっかけが出来た。

セキュリティだのコンプライアンスとのたまっていた連中の声はかき消されリモートワークが急激に広まった。

ビジネスパーソンなら当たり前とされていた満員電車もなくなった。

お客様を第一とした接客はビニールシートによって再考の時を迎えた。

人の動きが完全に停止することで無駄や不必要な働き方や業務、人の動きが明らかとなった。

 

ここ迄は日本の歴史残るであろうイベントであった。

しかし今後世界は米中を基軸とした冷戦が進むこととなる。

世界史に残るイベントが到来しているのだ。

また今まで3流でもよかった日本外交を再考する時を迎えた。

米中が熱戦を繰り広げるかは不明である。

ただ米国という覇権国家に挑戦国である中国が挑んだ以上、ソ連崩壊のようにどちらかが倒れるまで継続することになる。

中国は今まで自由経済グローバル化社会の恩恵を利用しながら利益を享受し、力をつけた。

しかし自らがばら撒くきっかけを作った新型コロナウィルスによってブロック経済へ回帰する動きとなりつつある。

今後数年間はモノ、人の動きは世界的に制限されるため中国が自由な移動の中で得ていた利益も失われることになる。

国内の状況が悪化する中で対外政策は強行にならざる負えない状態となる。

また中国周囲の国家はいずれも小国もしくは軍事力が脆弱であるため中国が打って出やすい環境下にあることも一つにある。

日本は憲法規定と自衛隊の権限不明確により初動態勢に難があり、独力では対抗し続けられるだけの予備戦力にことをかいている。

先制攻撃により尖閣諸島を不法占拠と既成事実化しやすい環境が整っていると言える。

米軍との衝突による米国介入の危険性はあるが、日米の連携に難があり付け入るスキがあると思われれば可能性が出てくる。

尖閣諸島のために米国が介入するのか、米国の支援がなくても単独で日本は莫大な血を流しながら守る意思があるかによってリスクは変化する。

日本政治と国民の領土に対する考えに挑戦状を突きつけられる時が来るかもしれない。

 

こうして振り返ってみると我々も歴史を作りながら生きていることを実感する。

激動の時代を生きることで生きている実感も湧くような気がする。

アフターコロナについて思うこと

令和になってますます危機の時代を肌に感じるようになった。

危機の時代という概念はスティーブン・バノンによって広まった『フォース・ターニング』によれば2005年の前後2,3年から始まり2025年頃まで続くと記載されている。

即ちリーマンショックによって始まったと読むことができる。

さらに10年経つと事態が深刻化するとも記載されている。

奥山先生が放送しているアメリカ通信に取り上げられてたが、新型コロナウイルスについて本書に記載があった。

 

疾病予防管理センターが新たなウイルス感染症の流行を公表する。感染症は人工密集地帯に到達し、死者が何人か発生する。議会は強制的な隔離措置を法制化する。大統領は州兵に、リスクのある地域に防疫線を構築するよう命令する。市長たちは抵抗する。都市のギャングと郊外の民兵との間で戦闘が起こる。大統領に厳戒令を求める声が高まる。

 

新型コロナによって実際ニューヨークが市長によって封鎖され、逆に大統領が渋っていた。

ギャングと戦闘したのかは不明であるが他は一緒である。

何個か予測が書かれているが、一つ当たるたびに世界に厄災が降り注ぐことになる。

当たらないことを祈るのみだが世界は令和を前後してより深刻化した。

米中を起点にした世界情勢の流動化に日本は最前線に立たされている。

新型コロナによって生活が一変した。

一体誰が満員電車がなくなることを想定していたのだろう。

添付ファイル付のメールを送ったら別のメールでパスワードを送付するというガバガバセキュリティがあった。

しかし今では個人PCにリモートワーク用のアプリを導入して仕事しろとセキュリティ概念が喪失しつつある。

誰しもが感じていたハンコという存在を無くす動きが出てきた。

令和になって昭和の古い慣習が次々となくなっていくのは嬉しいものだと感じる。

一方で環境に適応できない人は厳しい時代となる。

なぜなら危機の時代は個人の生存能力が問われる。

当たり前だった社会の庇護はなくなり自分で考え行動できる人が生き残るサバイバルな時代となる。

新型コロナを起点として社会は変容を逃れることはできない。

そして一度疑念を受けた古い慣習は改善をさせられる。

少子高齢化によって労働人口は減少していく、また高度なIT社会へ進むことで無駄な作業や意味のない会議、承認行為や打ち合わせが減少するだろう。窓際族という存在も居場所をなくしていくことになる。

評価体制も自己アピールができる奴が出世できるよう新ためられる。

人事も従来の仕事の仕方を改めさせられる中で、人をみることが難しくなっていくと予想する。

各種人事アプリが導入され、社員の性格や仕事への姿勢といった要素が点数化される。

だが社員の成果物については点数化が難しい。

点数化できるものは機械によって自動化できるため自動化できない部分を評価するのが人事のお仕事となる。

しかし専門性と一人が抱える仕事量と範囲の拡大によって人事が把握できる範囲を超えている。

よって文章や口頭で相手に明確な形で伝えることが求められると思う。

一方で評価が難しい必要だが評価されない仕事に対して人事がフォローできない会社は内部がガタガタになる。

人事制度一つとっても自律的な思考ができないと仕事が回せなくなる。

 

また『フォース・ターニング』でもう一つ例をあげてみよう。

 

 

文化面での厄災は、目眩を感じさせるような劣化に嵌まりこんだメディアを伴うことになる。そして国家による検閲を支持するような、道徳面での品行方正への揺り戻しが起こる。

 

 

1997年の段階でこの指摘がされているのは感嘆するばかりだ。

以前ブログで放送公害について言及した。

メディアの劣化は著しくみられるようになったが、全てのメディアが等しく劣化したわけではない。

知見の範囲ではダイヤモンド・オンラインとか少し怪しいところもあるがisMediaなど頑張っているところがある。

危機の時代にあって環境に適応できないオールドメディアが残った影響力を行使して「劣化した放送」をバンバンし集客しようとして余計に客離れを起こしている。

以前から問題となっていたがアフターコロナでは緊急時にはテレビをつけないで過ごすという処世術も浸透することになる。

また今テレビでは過去の放送を振り返るものばかりとなっている。

視聴率は一時的に増加することになるが、アフターコロナ後に新規企画物を放送し始めると面白さを感じずに視聴率が低下するものと思う。

また東日本大震災のときのように新型コロナによって社会は大きく変化した。

Beforeコロナ、afterコロナという括りで語られることになる。

伝統的な価値観がよりクローズアップされイデオロギーと結びやすくなる。

日本だけではなく各国が同様に道徳面での品行方正を国民から求められることになる。

このことによって米中を基軸とした対立構造がより激化するものと思う。

米中が熱戦をするにしろ冷戦状態となるにしろグローバル化した経済に両陣営とも組み込まれている。

経済は乱高下を繰り返し経験することになる。

願わくば危機の時代が終焉を迎えるときに中国共産党体制が転換し、米国の勝利によって終わることが望ましい。

荒波の時代にあって日本は今度こそ勝ちの陣営に入る必要がある。

次の70年は世界を動かす方にまわっていてほしい。

 

不要不急の外出と仕事について

緊急事態宣言発令により特定の地域において不要不急の外出が制限されている。

外出制限に伴い経済へのダメージは甚大なものになる。

「不要不急、お前だったのか。いつも経済をまわしてくれていたのは」 - Togetter

この措置に伴い多くの人が収入減となり、さらに経済が冷え込む負のスパイラルとなっている。

一方で在宅する家庭が多くなったことから家で休暇を楽しめる媒体が活性化している。

リモートワークにより通信会社の株価が上昇したり、ピザやウーバーイーツによる宅配事業の拡大など恩恵を受けている業界も存在する。

今回の非常事態宣言は一時的なものになるが、コロナウィルスの影響は長期化が予想されている。

非常事態宣言が解除されたとしてもコンサート等の多数の人が集まるような行事はすぐに開催することは難しい。

当然満員電車も槍玉に挙がることになり、リモートワークの長期化によってテレワークへ舵を切る企業も出てくることになる。

 

この一ヶ月の不要不急の外出によってリモートワークする人は身の振り方を考える契機となる。

コロナ騒動で変わる働き方、取り残される人と活躍できる人の違い

 自分の所属している部署の業務が非常時にも機能し続ける必要のある重要業務なのかということが問われているからだ。

今後企業業績の悪化が深刻化することで不要な業務や過剰な業務の整理が促進されることになる。

数年経って自分の席が存在するかということを考えておくことも大事だ。

 

本業の収入が不足したときに足しになると考えられていた副業についても再考のときだと思う。

なぜなら多くの副業は企業が通常通り営業していることを前提としているからだ。

企業の収益が下がった場合、一番最初にメスが入るのが外注している原価の圧縮となる。

リモートワークしている人の中には副業もしている人がいると思う。

今回の事態を受けて副業の仕事も受注できないのであれば副業の意味を再考する必要になる。

本業の収入の足しとして副業もしているのなら家賃等の固定費が高くなければ問題ない。

より豊かな生活や子供を養うという目的の副業ならば受注が減少したとしても生活の質を落としたりすることで耐えしのぐことができるからだ。

だが本業とは別の収入減として副業を捉えている場合は問題だと思う。

なぜなら本業が駄目になったときに副業で収入をカバーする目的から逸脱しているからだ。

コロナ前まで盛んに言われていたリモートワーク+副業という働き方には危険性があることが露呈する人が出てくると思う。

古い考えかもしれないが、経済を動かしているのは物が存在することによって成り立っている。

食料がほしいといった欲求によって突き動かされている。

食料を手に入れるところでスーパーがあり、スーパーを運営するためにスタッフがおり、食料を運搬するために物流があり、畑等の生産所がある。

経済を生み出すのは現場によって成り立っている。

その現場から離れて仕事ができてしまうということは不必要でないにしろ過剰な業務である可能性もある。

ソフトウェア開発等のパソコンを使う仕事であったとしてもセキュリティの関係から一箇所に集められてオフィスで仕事をすることを強いられることになっている。

パソコンを使う仕事でも現場で価値を創造している。

グーグルの生み出す経済価値は莫大なものであるが、働いている従業員数は驚くほど少ない。

少人数で天文学的な経済価値を創出していることになる。

そう考えると非常事態宣言によって無理やりリモートワークさせられている人で価値を創造している人はどれだけいるのだろうか…

むしろリモートワークもできない人の方が幸せなのかもしれない。

コロナウィルスを巡る大手メディアの報道について思うこと

引っ越しに伴うゴタゴタの中コロナウィルスによる様々な報道や政府対応があった。

目まぐるしく情勢が動く中で報道を見ていると気がおかしくなると感じた。

ネット黎明期のとき2ch便所の落書きと揶揄されていたが大手メディアの報道は便所の落書き以下になったと改めて思った。

コロナウィルスが蔓延する前は桜を見る会問題ばかりを報道していた。

しかしクルーズ船でのパンデミックが出現する少し前、中国武漢からの脱出者に囲み取材することでやっと報道し始めた。

飛沫感染が言われていた中で囲み取材すること自体、記者の無知と無能を表していた。

私は帰国者より囲み取材をしていた記者に注目していた。

クルーズ船のときはテレビ局が如何に凄惨な船内の状況を描こうかと躍起になっていた。

船内にいる人との生電話取材で船内の環境がいかに劣悪かを引き出そうとやっきになり、政府批判の材料にする有様を見せつけられた。

クルーズ船以降は品物不足を盛んに喧伝し、混乱に拍車をかけた。

感染症の専門家でない医者を出演させ、政府が実施している選別検査を全数検査にするよう報道した。

韓国等で実施していたドライブスルー方式の検査を日本でも実施するべきだと気持ち悪い位各局足並みを揃えていた。

しかし一週間でドライブスルー方式を採用していた韓国医療が崩壊したことで何事もなかったかのようにドライブスルー方式については何も言わなくなった。

 

東日本大震災のときもそうだが大手メディアの報道によって二次被害が発生している。

不安に駆られることで企業が過剰な自粛やバカによる買い占め騒ぎへ拍車を掛ける結果をもたらしている。

不安を煽る報道を繰り返し国民をパニックすることで収益を上げる構造は社会にとって害となっている。

日本国内での感染者数はインフルエンザより少ないし死者も同様である。

この程度で済んでいるのは政府というより医療関係者の献身的な努力の結果であり、日本社会の公衆衛生の高さによるものだ。

だがしかしこういったプラスの要素についてはほとんど触れることなく公平性を極端に欠いた報道を繰り返している。

また初期報道も遅く日本に感染者が増大する段階になってやっと報道数が多くなった。

中国発のパンデミックに対して責任を追求することなく、日本政府批判ばかりを繰り返す特定のバイアスがかかった報道は視聴者に大手メディアの存在に疑念を抱かせるのに一役買っている。

中国国内での発症者は抑えられていると現在報道されているが、統計自体信用できない国の発表を真に受けて報道している情報収集能力の欠如は情報を扱っている企業としての存在意義も問われる。

 

報道公害が年々酷くなっているように感じる。

報道公害は造語であるが報道を通じて社会を混乱させたり群衆パニックを誘発させるよう誘導することである。

東日本大震災のときは原発によって日本全土が放射能に汚染されるような報道をしていた。

今回に関しては報道によって買い占めやコロナウィルスの感染有無について全数検査を実施するよう報道することで医療機関をパンクさせようとしていた。

こういった愚かな報道は今まで顕在化しにくかったのはネットにより可視化されたことによるものなのか、大手メディアの業績悪化による人材不足によるものなのかはわからない。

しかし言えることは今後も報道公害に悩まされることだ。

便所の落書きであるネット情報の方が報道より信頼性が高く感じられる時代が来るとは思わなかった。

近況報告

2020年は国内外ビックイベントの連続で幕を開けた。

年末から忙しくなり未だに終息できないでいる。

まるでコロナウィルスのように終息の気配がみえない。

ブログの更新が滞っている原因はコロナのせいだと言いたくなる。

まぁ関係ないんですけどね。

 

年末年始で両家に挨拶周りをするという行事がありつつ、ふるさと納税と医療費控除の計算を二人分やっていた。

シムシティスマホアプリにハマりつつ確定申告書を作成していた。

新しいチャレンジということでyoutubeでゲーム配信のチャンネルを開設した。

今更開設してもという疑問は大いにある。

しかし昔からやりたかったゲームプレイを配信したい希望に嫁が背中を押してくれた格好となった。

配信するのは一式購入したので手間は他の人よりだいぶ少ないが苦労が絶えなかった。

会社の業務も中々忙しく、今年は多忙続きとなりそうな予感もある。

それでも1月も終わりに近づきやっと一息つけそうになった。

しかし一枚のマンション広告によって事態が急変する。

 

嫁がマンション広告を見て家ほしいと言い出した。

無下に否定するとシコりを残すことになるので将来設計を考えるということで検討することになった。

最初はスーモをみて買える値段ではないと思っていた。

3000万円代なら手が出るが4000円代となるとどうやって返済するんだという思いがあった。

しかし安い物件は資産価値もすぐに下落するとともに駅からすごく離れているため売却したときに売り抜けないリスクもあった。

なにより建売住宅はブロックを積み上げるように作るため夏は暑く、冬は寒い。

結局駅近マンションを見にこうという話になり、冷やかしのようにモデルルームに行くこととなった。

たまたま行った先では2件のマンションがあり、駅前の看板をみて行った先が本来行くところでないというグダグダさを発揮する有様だった。

その物件は値段が高い方であったが、案内してくれた担当者は私の家賃を聞くと、買ったほうがいいと勧めてくれた。

商売上手だなぁと思いながら家で計算をすると賃貸と購入の総額にあまり違いがなかったという衝撃の事実が発覚した。

なので住宅ローンの検討など当分忙しさが続くことになりそうです。

 

ローン控除の期間内に買うのがいいのか値下がり待つのがいいのか悩ましくある。

いい物件を見つけたから買ったほうがいいんだろうなぁー