読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は誰かの知識によってできている

自分の知識は誰かの知識や情報の集積体に過ぎず、そこに個はあるのだろうか?っという体でダラダラ書く

原子力発電についての雑感

jbpress.ismedia.jp

日本はエネルギー資源がないというのは事実だ。

津波によって原発炉心融解をおこした後、日本は石油や石炭をかき集めて発電した。

その富は日本車を海外で売ったりした外貨で賄われている。

日本の産業は将来はともかく、加工貿易であると言われた。

すなわち資源を輸入し、製品を作り輸出して外貨を得るというやり方だ。

モノづくり日本というものを象徴したのが加工貿易なのだ。

しかし発電に関してはプルトニウムウランを輸入することは必要だが、長期間に渡って使い続けることができる。

日本の技術を使うことで外貨を使うことなくエネルギーを得ることができる。

しかし今問題なのは東電に代表されるような電力会社に対するイメージが悪いことと、「もんじゅ」の廃炉津波による電源喪失による安全対策だ。

人間は目に見えない脅威に対して過大に評価する傾向がある。

交通事故で亡くなる方と今までで原発にて亡くなった方と比べた場合、さらに原発で被害を被った方を含めても交通事故のほうが多いのだ。

これは目に見えるか否ということだ。

安全対策はもちろん重要な事だが、さらに言えば核融合を成功させ、エネルギーとして利用すれば廃棄物問題や安全について問題が少なくなるのだ。

原発技術は洗練する必要があるし、廃炉にしても廃炉しやすいように設計することや、世界中に日本の技術でもって原発を作ることで持続可能な発展が可能となる。

日本は今後衰退する中で貴重な技術資源である原発関連技術を守っていく必要がある。

感情的な批判ではなく、利益と安価なエネルギーを求めていく必要がある。