読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は誰かの知識によってできている

自分の知識は誰かの知識や情報の集積体に過ぎず、そこに個はあるのだろうか?っという体でダラダラ書く

書評を書く気が起きない理由

特段あるわけでもないのだが、端的にいえば面倒だからだろう。

ブログを書く上で特に日々更新される方は読んだ本の感想とかから話を膨らませられるのだろうが私にはできない。

理由は簡単でそこまで頭を使いたくないからだ。

ブログに書くということは細部まで読み込むとか、気になったところをピックアップするとかが必要となる。

昔からそうだが私は本を読んだら心にしまってしまうタイプだ。

しまっちゃうおじさんが心にいるらしく、乙女のごとくラブレターを大事に箱にしまってしまうのだ。

現に今『「城取り」の軍事学』を今読んでいるが書評を書こうとか思って読むとぜんぜん進まなくなる。

まぁ訓練すればいいのだろうがどうもできそうにない。

そうなるとブログの書く回数も減るわけで人がさらによりつかなくなるのでそんなもんだ。

何をやるにしても内向性というものは現在の社会に適応するのは難しいと常々痛感させられる話である。