読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は誰かの知識によってできている

自分の知識は誰かの知識や情報の集積体に過ぎず、そこに個はあるのだろうか?っという体でダラダラ書く

冬季うつについて

毎年10月28日から11月3日にかかる冬季うつ。

3月中旬位まで続く症状は体の倦怠感や思考の低下などの諸症状が上下する。

毎年誤魔化しながらも乗り切ってきたのだが、今年は強烈な倦怠感に襲われた。

仕事において新しいことやスピードをひたすら求める仕事を続けていた。

11月の下旬から症状が悪化し、日中に強烈な睡魔が襲い事務所にいれなくなり、トイレに行くこともしばしばある。また倦怠感が悪化し、腰がぬける前のような感覚に襲われたりと仕事にも支障をきたすようになった。

支店長からは怠けているように見えるため、注意を受けるようになった。

どうにもならなくなったため上司に相談をした。

相談する相手はあくまでもこういったことに理解をしてくれる人を選んだ。

理解のない人に相談する場合、ただのいいわけになりそうだったからだ。

相談した結果、根回しをしてくれること、心療内科に行くことを勧めてくれた。

今まで心療内科に行ったことがなく、相談するときもそこがつかれることはわかっていた。

毎年12月初旬のあたりに電話をするが、予約でいっぱいであり、仕事があるためほっぽいていた。

そのつけがまわってきたといえばそれまでなのだろうが、そもそも心療内科に行ったとしても解決しないことが印象としてある。

診断書になんとかかれるかは不明であるが、病人扱いとなれば上司は少しは配慮することにはなる。

病人扱いでないとしても倦怠感等の諸症状が酷くなれば倒れるだけだ。

初診は来年になる。

だが薬を貰っても依存症になる可能性があるし、解決にはならない。

性質の問題であり、一生付き合っていくものだと思う。

妹もうつ病の傾向があり、子供2人して不出来なものができたものだ。

育て方とか考え方とか色々原因があるのだろうが覆水盆に返らずということだ。

 

スピード感のある仕事

dennou-kurage.hatenablog.com

koshian.hateblo.jp

我が社でも残業についてはスピードをあげて早く終わらせるというスタイルになっている。

しかし会社にて月曜日では3回会議がある。

一つ目は幹部会で集まって客員の予定を報告する。

2つ目は全体朝礼。

3つ目は部門会議である。

8時から初めて9時15分頃にすべてが終了する。

その後掃除を15分位行うため仕事開始は10時となってしまう。

さらにオープンオフィスであるためさまざまな会話が飛び交い、質問したり、されたりするため仕事が進まない。

そして何かと報連相をすすめる。

どんな細かいことでも報告が必要であり、その報告は関係者全員と直属の上司、さらに支店長まで必要なのだ。

これが大きな会社であればいいのだが、全体100人ちょっとの会社では如何ともしがたい。

それぞれが自己の裁量内で力を発揮できる環境を整えることが幹部の仕事である。

原子力発電についての雑感

jbpress.ismedia.jp

日本はエネルギー資源がないというのは事実だ。

津波によって原発炉心融解をおこした後、日本は石油や石炭をかき集めて発電した。

その富は日本車を海外で売ったりした外貨で賄われている。

日本の産業は将来はともかく、加工貿易であると言われた。

すなわち資源を輸入し、製品を作り輸出して外貨を得るというやり方だ。

モノづくり日本というものを象徴したのが加工貿易なのだ。

しかし発電に関してはプルトニウムウランを輸入することは必要だが、長期間に渡って使い続けることができる。

日本の技術を使うことで外貨を使うことなくエネルギーを得ることができる。

しかし今問題なのは東電に代表されるような電力会社に対するイメージが悪いことと、「もんじゅ」の廃炉津波による電源喪失による安全対策だ。

人間は目に見えない脅威に対して過大に評価する傾向がある。

交通事故で亡くなる方と今までで原発にて亡くなった方と比べた場合、さらに原発で被害を被った方を含めても交通事故のほうが多いのだ。

これは目に見えるか否ということだ。

安全対策はもちろん重要な事だが、さらに言えば核融合を成功させ、エネルギーとして利用すれば廃棄物問題や安全について問題が少なくなるのだ。

原発技術は洗練する必要があるし、廃炉にしても廃炉しやすいように設計することや、世界中に日本の技術でもって原発を作ることで持続可能な発展が可能となる。

日本は今後衰退する中で貴重な技術資源である原発関連技術を守っていく必要がある。

感情的な批判ではなく、利益と安価なエネルギーを求めていく必要がある。

イスラエルのダーイッシュ対策

奥山真司の「アメ通LIVE!」 (20160823 前半戦 )

 

グレアムアリソンがイスラエルを評価している

抑止の3つ

抑止の明快さ(デットラインを明示する)クラリティ

ケイパビリティ デットラインを超えた場合の実行能力があるか?

クライビリティ デットラインを超えた場合実際に実行できるか?

イスラエルにはできて、アメリカにできていないこと

 

大東亜戦争原因の思いつき

日本が戦争に追い込まれる状況を作ったことが問題であり、原因は軍部の暴走を抑制する手段の欠如と暴走する国民とマスメディアの良識の欠如である。

前提として勝てない戦争に仕掛けられたにせよ、仕掛けざる負えなかったとしても戦争をすること自体誤り出会ったのだから防ぐ努力が必要である。

1940年3月からの交渉の話ではなく、海軍が米国との戦争で勝利できないにもかかわらず、予算を要求し続けたことと、戦争回避のための関係構築が外務省に不足していた。

WW1までは協調していたこともあったのだから関係がこじれたとこには何かしらの原因がある。

日英同盟解消から国家としてのコントロールが機能しなくなった。

元老が存在して成立していた国家機能が形式を重視することで機能不全に陥った。

そのため天皇の君臨すれども統治せずという方針も意味ないものへとなった。

 

内向性と仕事について

 

www.lifehacker.jp

 人と会うと嫌になってくるというのが昔からあった。

学生の頃は内向性というものが分からず、悩んだ時期もあった。

内向性であることは他者にはなかなか理解できない。

後輩や直属の上司は理解してくれるが、客先や外向性の相手やそういうふりをしている相手に対してはどうにもならない。

相手は対話によって理解を深めようとする。

その場合仕事後の飲み会や報連相を求めてくる。

仕事に対してある程度の自由さがほしい人間にとってはつらいものだ。

また飲み会はたまになら参加してもいいと思えるが月に2、3回と増えていくともうたまらない。

仕事中は人と接し続けていることで疲労しているのにさらに疲労することとなる。

仕事以外で付き合いを減らす方法と理解をある程度相手にも求めるスタンスは必要なのだろう。

戦争と女性の社会進出

シノドス

 

戦争とはパラドックスの塊だ。

平和を唱えながら銃を握り、正義を叫ぼうが相手方にも同じような正義がある。

戦争をするような社会構造では大抵男根主義となる。

しかし男根は戦場に並べるものらしく、男が投げ出した大事なことを女性が行うというのは当時は異論もあるだろうが止む終えないことだった。

男は戦死してしまうため、戦争が終われば男女比率が変化するのは当然なのだ。

2つの世界大戦後、女性が社会で発言権を獲得するのは当然でもあった。

戦争中男しかできないと思われたことを女性ができることを証明したのだから。

そしてそのことを命じたのも男だが、戦後否定したのも男というのは面白いパラドックスである。